手のひらのきょう

手のひらに収まるようなモノが少ないシンプルな暮らしの記録

本棚にしまえる!?ドウシシャの扇風機 FBQ-191をご紹介

f:id:kyohei_minimalist:20181012225234j:plain

 

こんにちは。

今年の夏はとんでもなく暑かったですね。

今夏は災害級の暑さということで猛暑日が続き、熱中症対策必須ということで家で活躍したのがこちらの扇風機です。

ドウシシャのDC扇風機(FBQ-191D)です。

 

f:id:kyohei_minimalist:20181012225024j:plain

 

非常にスリムなつくりをしているため、本棚にもしまうことができてしまうくらい。

一般的な形の扇風機だと使わない時期に場所をとってしまって収納しづらく、

非常にストレスが溜まるものでしたが、こちらの扇風機ならそんな心配なし。

 

f:id:kyohei_minimalist:20181012225130j:plain

 

また、夏のオンシーズンでも木目のデザインで部屋に馴染むため、

部屋の雰囲気や周りのインテリアの魅力を損ねることもありません。

 

超薄型のため首ふり機能はついていませんが、運転音も静かなので、

夏の相棒として大活躍でした。風力はそんなに強いものではないので、

エアコンと組み合わせて使うと効果的です。

 

 

ちなみにスペックはこんな感じです。

風力:4段階(微弱風・弱風・中風・強風)

タイマー:1・2・4・8時間

羽根経:19cm、羽根数:7枚

サイズ: 280x310x115 mm

重量:1.1g

 

 

家電製品は無機質なイメージが強いですが、木目のデザインは柔らかさや木の温かみが加わって愛着がわきます。

使わない時期は場所をとるだけでミニマリストには厄介な季節家電ですが、

ここまですっきりしたデザインなら残しておいてもいいかなと思えます。

アダプターも取り外し式なので、収納もしやすくて本当に本棚にしまえます。

収納を考えて家電製品を買うのもありかもしれませんよ。